支所11箇所廃止!コンビニエンスストアと郵便局で、窓口業務の代替えは大丈夫か?

6月議会では、現在16箇所ある支所の窓口とそれに併設する生涯学習センター分館を来年3月で廃止する条例案が賛成多数で可決されました。

今回廃止される支所は大窪、早川、上府中、豊川、下曽我、曽我、片浦、中央連絡所、国府津駅前窓口コーナー、酒匂窓口コーナー、桜井窓口コーナー。

この件について発表があったのが昨年12月。それからたった半年で、廃止を決定。まだまだこの事実を知らない市民の方が多い中で、あまりにも乱暴な廃止なのではないか、との理由で、私は条例案に反対しました。

市は、将来的な財政状況が厳しいなかでの行財政改革として、施設の再編(統合や廃止)の検討を始めています。そのなかで、老朽化の著しい支所や生涯学習センター分館を建て替えるのは、利用状況を考慮すると難しいとのこと。
一方で、公共マネージメント計画策定に伴うワークショップのモデル地域として豊川地域や曽我地域が、まさに地域に存在する公共施設についてを議論している真っ最中に、支所の廃止が発表されたことに対する違和感の声も上がっています。

地域の公共施設がなくなる、というのは住民にとっては大きな問題です。不便になるだけではなく、行政そのものとの距離ができ、見えにくくなることでもあります。住民の思いを無視した形での事業の進め方は、行政への不信感を招くことにつながるのではないでしょうか?

地域住民への丁寧な説明と理解、支所廃止に伴う不便への対応策、コンビニエンスストアや郵便局の窓口サービスが実際にスムーズに運営できるのかどうかの確認作業などを行うとともに、利用が少ない窓口から段階的に廃止していくなどの柔軟な進め方をすべきと訴えました。

ちなみに、同時に廃止される生涯学習センターの分館については、上府中と豊川に関しては「生涯学習施設」としての機能の廃止後は、建物をざんての利用について今後地域とともに検討するとのこと。
 
 


LGBT議連の研修会に参加しました。

5月6日は、LGBT議連の研修会へ!


昨年夏の議連細奥記念の2日間の研修会は、本当に学びが多くて、頭の中がパンパンになり、それを市民の皆さんに還元すべく9月議会で一般質問したLGBTのテーマ。
今年の研修会は1日目はお茶摘みで残念がら参加できませんでしたが、さらなるブラッシュアプのために、朝イチで国立オリンピック記念青少年総合センターへ向かいました。
金沢大学准教授の谷口洋幸さんによる講義では、2016年に行った全国の自治体への調査までの経緯とその喧嘩による分析や、日本学術学会での提言などを中心に、具体的に自治体で使える条例や計画への取り組み方を学びました。
続きを読む


立憲民主党に入党しました!

新聞などの報道で御存知の方もいらっしゃるとおもいますが、この度、私佐々木ナオミは、立憲民主党に入党いたしました。

これまで、ずっと「地方自治」「市民自治」といった「足元からの民主主義」を大事に活動をしてきた私にとっては、国の政治に直接関わる「政党」に参加するということは、とても大きな決断で、ほんとうに、悩みました。

特定秘密保護法、集団的自衛権の容認、そして、森友問題ではついに公文書改ざんの問題まで、あまりにもひどい政治状況、そして、それにつながる「憲法改正」という流れに、なんとしても「待った!」をかけたい。それには、もう一度、私たちの手に「まっとうな政治」を取り戻さなければなりません。

昨年10月の争点なき突然の解散総選挙では、立憲民主党は多くの国民の支持を得て、設立から間もないにもかかわらず、野党第1党へと躍進しましたが、それは、多くの方が、まさに「まっとうな政治」を求めているからだと思います。

そして、「まっとうな政治」は立憲民主党がいうように、トップダウンではなく、草の根からのボトムアップ、つまり地域の政治を大事にしていくことから始めることが、遠いようでいちばん近い道だと私は信じています。

ですので、立憲民主党の党員になったとしても、私自身は、これまで同様、市民の皆さんの暮らしの中の小さな声を議会に届け、形にしていくことを大事にすること、まさに「草の根の民主主義」の実践に取り組んでまいりますし、それができる政党だと信じて、党員になりました。

神奈川県西部で、「まっとうな政治」の旗印をたて、「まっとうな政治」で誰もが大事にされる社会を作りたいと思っています。 今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

   


市民ホール事業、またもやおかしな方向へ。

12月議会始まっています。
今回の議会の目玉は、やはり市民ホール。これまで長ーい時間をかけてとにかく混乱した市民ホールですが、設計建設一括で受注をする、全国初の取り組みである「デザインビルド方式」で進められています。応募のあった4社の提案から、現在は3社に絞られ、そして、どの提案が決定するのか、注目が集まる中で、12月議会では、2年間の設計事業費1億6200万円が計上されています。

が、おかしなことが山盛り。
1つは提案の時期です。
今回の議会に予算が提案されたのは11月29日。その後4日が議案関連質問、6日が厚生文教教常任委員会での審議採決があります。が、事業者選定の第2次審査は、12月9日。発表は11日。そして、本会議での採決は13日になります。つまり、委員会では、デザインが決まっていないのに審議採決をし、本会議ではデザインが決まってから議決をする。これだと、市民からは決まったデザインを議会が了解したと受け取られかねない、非常にわかりにくい提案の仕方となっています。税金で事業を進める、それも、63億円もの大きな事業を、市民にも議会にもわかりやすく、説明責任を果たすのは行政の役目です。10年も混乱を続けている大型事業の進め方として、市民や議会をあまりにも軽視しているのではないかと思います。

2つ目は、予算提案の仕方です。

例えば、今建設中の新斎場は、設計建設運営を一体型で契約するPFI方式で進められていますが、新斎場の時には、設計建設運営一括で限度額(この時は63億4000万円)を上限としたで債務負担行為という形での提案でした。つまり、この範囲内でやりなさいという上限を先に決めてしまい、その中で後はお任せします、というやり方です。今回のデザインビルド方式でのホール整備は前回新居千秋氏設計の時の入札不調という痛い経験から、予算の限度額を63億円と決め、その中でできるものを、設計建設一括で提案してもらう、その後は事業者にお任せ、というやり方のはずでした。今回は設計料だけの予算ですが、工事費含めて63億円にさせる強制力は、残念ながら担保されていません。
実際の設計を積み上げた段階で、建設費がオーバーした場合、すでに事業者とは設計建設一括で契約が終わったいる以上、もし建設費を議会が否決した場合には、契約破棄となるので、違約金などのリスクが伴う可能性は否めません。さらにいえば、この事業そのものが、また事業者選定からやり直さねばならない事態も想定されます。「デザインが問題なら、建設費を否決すればいいじゃないか」という議員もいらっしゃいますが、事態はそんなに甘くはありません。

委員会では賛成多数で設計料は可決されました。が、9日の事業者選定の結果で選ばれた事業者に不満があれば、13日の本会議で否決するしか、ありません。

市側は「どの事業者が決まってもよい」と答弁していますが、3社とも、外観も、コンセプトも違うのに、そんなはずはありません。

そもそも、私は、芸文センター白紙の時点では「オリパラが終わるまで事業の推進延期をすべき(むしろしばらく原っぱでいい)」と発言していますし、推進方法が「デザインビルドにより事業者選定方式」になった時点から、反対をしています。なぜなら、デザインビルド方式は、上限の金額だけに枠をかけてた時点で議決をし、あとは、具体的な図面を見ることもなく業者にお任せをしていく方式だからです。そうした批判をかわすべく、なぜか今回は予算を分けての提案をしていますが、かといって事業者にお任せであることには変わりなく、さらに、予算のワクも掛けられないのでは、本末転倒のひどい進め方だと思います。

合併議論で見えてきた本市の厳しい財政状況、さらに、公共施設の再編で支所を11箇所も一斉に廃止すとの報告もありました。その中での、随分と大雑把過ぎるこの事業の進めかた。小田原市は、財政が豊かなのかなんなのか、めまいにのする12月議会です。


一般質問はじまりました

本日から、一般質問が始まっています。
わたしは、25日の1番目に登壇します。
今回のテーマは、

1性自認及び性的指向に関する取り組みについて

7月27、28日に豊島区で行われた「LGBT議連」の学習会に参加してきました。
性的マイノリティーやLGBT(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの略)という言葉が、新しい人権問題としてメディアでも様々に取り上げられるようになりました。そうした問題に対して、地方自治体で取り組めること。教育、福祉、防災と、さまざまなテーマからのアプローチに、目からウロコの、とても濃くて学びの多い2日間でした。
なによりも、これまでなかなかきちんとした形で認識されてこなかったこの問題を、一つ一つ解決していくための過程、あらたな権利を獲得していく人々の動きは、とても心打つものでした。
小田原市議会では、これまでこの問題が取り上げられたことはありません。まずは、最初の一歩。性的マイノリティに対する課題を知っていただくところから取り組みます。

2公共施設のあり方について

財政状況が厳しい中で、公共施設の再編、統廃合が、今後議論されます。平成30年度公共施設再編基本計画の策定に向けて、7月にはシンポジウムが、そして今後は、モデル地域でのワークショップも始まります。が、そのまえに、持ってる施設があまりにも酷い状況があります。「老朽化でしょうがない」というよりも、持った施設をまともにメンテナンスしていないという感じ。
どれもボロくて、直してない。全然大事に使ってない。それが、小田原の公共施設全体のイメージとなっていまっているのではないでしょうか?
「公共施設マネジメント」などというかっこいい言葉で計画を立てることも大事ですが、それ以前に、今すぐボロくなったところは修繕しましょう、というための質問です。
事例に出すのは、星崎記念館、市民会館、保健センター、各消防署。
古いから、といって、ほっておいていいのかな?その割には、いつまでも次の方針が決まっていません。
そのあたり、どう考えているのか、質問いたします。

傍聴はどなたでもできます。4階の議会傍聴入り口まで。
また、HPからは中継が見れます(が、スマホやタブレットでは見れないんですよね~ムムム。)
ぜひこちらから、どうぞ!
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/citycounc/relay.html


後援会リーフレット(PDF)

ブログ:バックナンバー