立憲民主党に入党しました!

新聞などの報道で御存知の方もいらっしゃるとおもいますが、この度、私佐々木ナオミは、立憲民主党に入党いたしました。

これまで、ずっと「地方自治」「市民自治」といった「足元からの民主主義」を大事に活動をしてきた私にとっては、国の政治に直接関わる「政党」に参加するということは、とても大きな決断で、ほんとうに、悩みました。

特定秘密保護法、集団的自衛権の容認、そして、森友問題ではついに公文書改ざんの問題まで、あまりにもひどい政治状況、そして、それにつながる「憲法改正」という流れに、なんとしても「待った!」をかけたい。それには、もう一度、私たちの手に「まっとうな政治」を取り戻さなければなりません。

昨年10月の争点なき突然の解散総選挙では、立憲民主党は多くの国民の支持を得て、設立から間もないにもかかわらず、野党第1党へと躍進しましたが、それは、多くの方が、まさに「まっとうな政治」を求めているからだと思います。

そして、「まっとうな政治」は立憲民主党がいうように、トップダウンではなく、草の根からのボトムアップ、つまり地域の政治を大事にしていくことから始めることが、遠いようでいちばん近い道だと私は信じています。

ですので、立憲民主党の党員になったとしても、私自身は、これまで同様、市民の皆さんの暮らしの中の小さな声を議会に届け、形にしていくことを大事にすること、まさに「草の根の民主主義」の実践に取り組んでまいりますし、それができる政党だと信じて、党員になりました。

神奈川県西部で、「まっとうな政治」の旗印をたて、「まっとうな政治」で誰もが大事にされる社会を作りたいと思っています。 今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

   



後援会リーフレット(PDF)

ブログ:バックナンバー